pagetitle

◆貴船神社◆

昨年7月の大雨による土砂崩れで運休していた叡山電鉄が

先月、一年二ヶ月ぶりに全線運転を再開しました!

 ①

叡山電車に乗って貴船神社へ。

貴船口で下車し、貴船川沿いを進みます。

 

まだ青いもみじ。紅葉の見頃まではあと一ヶ月半ほどでしょうか。

 ② ③

  

貴船神社は上流に向かって、本宮、結社、奥宮の三社が鎮座しており、

本宮→奥宮→結社の順に回る三社詣が習わしとして残っています。

④ ⑤ ⑥

 

貴船神社創建の地は、この奥宮と言われています。

⑦

玉依姫命(神武天皇の母)が黄色い船に乗り

淀川、鴨川、貴船川を遡り、たどり着いたのが現在奥宮のある場所。

その地に水神を祀り「黄船の宮」としたのが貴船神社の始まりとの説があり、

「黄船」が「貴船」の語源なんだとか。

 

ちなみに、地名の貴船は「キブネ」と発音しますが、貴船神社は濁らず「キフネ」と読みます。

清らかな水が濁ることがないようにとの祈りを込めて「キフネ」と呼ばれるそうです。

 

今回参拝して水の大切さを改めて感じることができました。

新型コロナウイルスの収束についてもお祈りしてきましたので、

紅葉の季節は観光客で賑わうことを願っています。

最近の記事

アーカイブ