フロマージュショコラスペシャルエディション

グランマーブル フロマージュショコラスペシャルエディション

【受付】2022年2月28日まで
【お届け】2022年3月15日まで

グランマーブル所属ピアニスト・中野公揮 パリオペラ座出演記念

グランマーブル所属ピアニスト・中野公揮が今秋、パリオペラ座2021-2022オープニングガラに出演。
日本人音楽家としての快挙を記念してフロマージュショコラスペシャルエディションを販売します。

    image
    image

「フロマージュショコラ」は芳醇なフランス産クリームチーズとショコラを織り込んだマーブルデニッシュです。
中野公揮のオペラ座出演を記念しピアノをイメージした特別仕様のパッケージでお届けいたします。

オペラ座

中野公揮が、パリオペラ座2021-2022オープニングガラで演奏

パリ・オペラ座のオープニングガラ2021-2022で、ダミアン・ジャレ振付の
『Brise-lames』(防波堤)が上演され、音楽を作曲家・ピアニストの中野公揮が手がけました。
オペラ座のシーズン最初の特別公演には、最先端の舞台芸術が集まります。
そこで日本人音楽家が演奏するという快挙を成し遂げました。
舞台美術と衣装は世界のストリートで作品を発表し、
反響を巻き起こしている匿名アーティストJRが担当。話題の舞台となりました。

中野公揮|Koki Nakano

image

(C) LUCILLE REYBOZ

東京芸術大学の作曲科に学ぶ。2015年からパリに拠点を移し、フランスの先鋭レーベルNo Formatと契約、2016年には世界的チェリスト、ヴァンサン・セガールとのピアノ・チェロ作品「Lift」を、2020年には初のピアノ・ソロ・アルバム「Pre-Choreographed」をNo Formatよりリリース。

2021年にパリ・オペラ座で行われたダミアン・ジャレ振り付けによる「Brise-lames」の音楽を手がける。本作品は2021年9月オペラ座ガラ公演にて再演され、日本人として初めてオペラ座ガラ公演の舞台で演奏した。

これまで、パリ・ブッフ・ドゥ・ノール劇場、フランス文化庁、パリ・シャトレ座、アラス劇場、オテル・サロモン・ド・ロスチャイルド、NYリンカーン・センターなど名だたる劇場で公演。
2022年5月に2枚目となるピアノ・ソロ・アルバム「Oceanic Feeling」をNo Formatよりリリース予定。

マーブルデニッシュ一覧へ戻る